歯の絵を描く

 | ,

ため息自院のホームページを改めて見直してみました。

制作していただいてからかなりの月日が経ち、

かみ合わせ矯正の話や症例などもっと入れたいな、と考えていたのですが、

やはり業者様にお願いするとうまく伝わらない。「ならば、自分で全部作っちゃお!」と思いったったのが平成29年の初め頃

経験がないので一からお勉強してなんとか5月にアップしました。

症例はブログでもやって日々更新すればいいや、

ぶた汗なんて気軽に考えておりましたところ、伝えるのって難しい

当院で行っているかみ合わせ矯正治療は、一般的な矯正治療とちょいと違うのです。

一番わかりやすいポイントは

「歯は極力抜かない」こと

親知らずは抜きますよ。あとどーうしても抜かないといけない歯は抜きます。何事も絶対はないので、「歯は抜かない矯正」とは言えません。

ですが、通常は抜かないので、治療の流れや経過などがいまいちイメージが付かないし、わかりにくい。

そこでなんとかわかりやすく伝えるよう頑張っているのですが、結論

文章って難しい

 

ぶた電球文章が難しいなら

イラストで説明すればいいじゃない

マリーアントワネットのような閃きでフリーイラストを漁ってみましたが、

かみ合わせ矯正を伝えるために適したイラストがない

ぶた泣文章で伝えるのが難しい、イラストがなかなか見つからない

 

ぶた!イラストがないなら自分で書けばいいじゃない!

(やっぱりマリーアントワネット風)

歯式製作中なの

ぶた汗イラスト書くのも時間かかります・・・

なんだか難易度を自分で上げてしまったような気がする今日この頃・・・

なんとかもう少し、形にしたら症例説明も楽になる予感・・・

ナオコ先生頑張れー